BFI 研究会代表ブログ

フォト

三上のプライベートブログ(FB/避暑地の猫/音信普通)

カテゴリー

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 痛みの成因 1) 脳と心身環境因子 | トップページ | 痛みの成因 3) 症状は生体の弱点に »

2011/10/18

痛みの成因 2) 脳と内的要因

≪トップページ≫
「心身環境因子」のうち、外的要因に関しては物理的な刺激によって小脳の運動プログラムが影響を受ける現象ですので分かりやすいと思います。

.
他方、内的要因は「免疫力の低下」や「代謝機能の低下」という問題をはらんで複雑な状況を作り出します。こちらに関しては少し掘り下げてご説明いたします。

.
先述したように生命現象は入出力反応系によって維持されています。「入出力反応系」は様々な生理システムの総称です。

その中に「運動器系」「循環器系」「消化器系」「呼吸器系」といった臓器別に分類されるものや、それとは別に「免疫機能」「代謝機能」「自律神経機能」といった機能別のカテゴリーもあります。

.
生体における生理システムはそれぞれが個別に機能しているわけではなく、互いに強い相関性を持っています。一見関係なさそうなものでも実際には影響しあうケースがあるのです。

.
たとえば、 
 【心身環境因子の外的要因→脳代謝バランスの失調→腰痛→痛みストレス/睡眠不足→免疫力の低下→ウィルスの感染→代謝機能の低下→脳代謝バランスの失調→腰痛

.
という悪循環が生み出されてしまうケースがあります。
この場合ですと運動機能と免疫機能と代謝機能のあいだに密接な相関性があるわけです。

.

                Tuukin2                  Menneki_3                   Taisha

.
なかでも代謝機能はおさえておくべき重要なポイントになります。

.
代謝機能は「物質代謝」と「エネルギー代謝」に分けて考えることができます。
前者の機能を支えるものは酵素です。生体におけるあらゆる化学反応にとって酵素は不可欠です。何千種類もの代謝酵素・消化酵素・食物酵素が働くことで生理活動は維持されています。

.
後者(エネルギー代謝)は熱・光・電気・重力などのエネルギーを生体が利用するための代謝システムです。

生命は唯物論の世界とくに分子生物学的には「遺伝子を運ぶ乗り物(精巧なる分子機械)」として捉えられることがあります。

.

Idensi

.

.

しかし別の見方をすれば、目に見えない何らかのエネルギーが常に流れ循環し続ける一個のエネルギー体と捉えることもできます。そのエネルギーを指して人は「」「波動」「オーブ」「プラーナ」などと呼んでいます。

.

「代謝機能の低下」とは、物質代謝として見れば酵素の不足であり、エネルギー代謝から見ると熱力学的反応の低下といえますが、別の視点では「気」の流れの滞りと表現することもできます。

.
生体内を循環するエネルギーが低いポテンシャルになると、人の生理全般を司っている入出力反応系も活力を失います。つまり「気」の流れが滞ると脳の働きも悪くなるということです

.

Ki

.
先程の腰痛の例のように
 【①外的要因→脳代謝バランスの失調→免疫力の低下→代謝機能の低下というケースもあれば、
 【②内的要因→免疫力の低下→代謝機能の低下=「気」の流れの滞り→脳代謝バランスの失調】というケースもあります。

.
いずれにおいても、その出発点はあくまでも心身環境因子であるということをご理解いただければ、予防法や対策を考えやすくなると思います。

.

.

   1) 脳と心身環境因子 Prev Nexxt 3) 症状は生体の弱点に

.

.

       トップページに戻る

.

     ≪三上クリニカルラボ≫       ≪BFI研究会≫       

BFI 研究会

Facebookページも宣伝

« 痛みの成因 1) 脳と心身環境因子 | トップページ | 痛みの成因 3) 症状は生体の弱点に »

痛みの成因2)脳と内的要因」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580573/53024215

この記事へのトラックバック一覧です: 痛みの成因 2) 脳と内的要因:

« 痛みの成因 1) 脳と心身環境因子 | トップページ | 痛みの成因 3) 症状は生体の弱点に »