BFI 研究会代表ブログ

フォト

三上のプライベートブログ(FB/避暑地の猫/音信普通)

カテゴリー

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« フィンガートラクション(フィンガートラップ)による骨折整復および腫脹コントロール-その意義について- | トップページ | 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法(前腕部割り入れ併用式) »

2012/09/17

膝関節における前面窓式プライトン固定

《トップページ》
膝関節の外傷および関節炎等においては、固定を要する場面があります。このとき注意しなければいけないのは固定を膝窩(屈筋の側)から行うと拘縮を招きやすいという点です。

.

したがって膝部においては、伸筋の側からの固定というものが重要になります。もちろん症例によって臨機応変に対応しなければなりませんが、拘縮予防の観点からは伸筋側からの固定は大きな意味があります。

.

今回ご紹介する前面装着法は、その意味において理想的な固定法だといえます。プライトンは基本2枚重ね(シーネ6号を半分に切って、交互に重ね合わせることで写真のような正方形に近いシーネを作り、それをカットして作ります)で、患者の筋力に応じて適宜補強し、部分的に3枚重ねとします。固定肢位は症例によって微妙に変わりますが、基本的には軽度屈曲位です。

.

                   Pict0021                 Pict0022

                    Pict0023                Pict0024   

.

外傷や疾患の程度にもよりますが、固定はただ強固であればいいというものではなく、状況に応じた柔軟性を持ち合わせているほうが回復が早く、かつ拘縮を起こしにくいと言えます。

.

このプライトン固定は使用中日数の経過とともに劣化し柔らかくなるので、回復に合わせて適度な可動性が生まれます。そのことが拘縮発生の予防になり、引いてはRSD発生の予防にも繋がるのです。

.

                    Pict00028

.

この固定のもう一つ最大の利点は、固定後も筋力が落ちないという点です。これはもうかなり歴然として現れます。大腿四頭筋とくに内側広筋の委縮を起こしにくいという点で、極めて有利な固定法です。

.

膝蓋骨骨折のギプス固定においては、骨癒合が得られるまで漫然と固定を続けたのでは拘縮が避けられません。そのため、できるだけ早期にシーネに変えるなり、早期運動療法が取り入れられているわけですが、不全骨折であればシーネ固定に変えるタイミングで、このプライトン固定を使用すれば、拘縮を最大限予防することができます。

.

先述したとおり、とにかく膝窩からの固定というものは筋委縮や拘縮のリスクが高いので、拘縮予防はもちろんのことRSD予防の観点からも、スポーツ外傷やOAの関節内水腫に対するプライマリケアとしても、重要な固定法だと自負しております。

.
.
.
.

◇プライマリケアに役立つ固定法(三上式プライトン固定)
1)
私が固定装具に機能性と美しさを求める理由
2) ニューロフィクス(neuro-fixed)という視点
3) 外傷の痛み(ハードペイン)を再考する
4) 母指3次元固定法(母指球安定型プライトン)
5) フィンガートラクション-その意義について- 
6) 膝関節における前面窓式プライトン固定 
7) 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法(前腕部割り入れ併用式) 
8) 足底プライトンシーネ(元ほねつぎの妻が骨折!
9) 足関節捻挫におけるf(ファンクショナル)-プライトン固定
10) 腓腹筋ラッピングシーネ

11) 体幹プライトンシーネ(元ほねつぎの母が脊椎圧迫骨折???) 

.
.

→三上式プライトン固定のセミナーのご案内(f-プライトン固定セミナーの開催日程)



トップページに戻る

.

.

.

      ≪三上クリニカルラボ≫      ≪BFI研究会≫ 

BFI 研究会

Facebookページも宣伝

« フィンガートラクション(フィンガートラップ)による骨折整復および腫脹コントロール-その意義について- | トップページ | 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法(前腕部割り入れ併用式) »

膝関節における前面窓式プライトン固定」カテゴリの記事