BFI 研究会代表ブログ

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 第31回BFI 技術研修会(H28年3月27日)のご案内 | トップページ | 私が固定装具に機能性と美しさを求める理由 »

2016/04/05

プライトン固定セミナー(2ndステージ)のご案内

≪トップページ≫

Pliton7
プライトン固定セミナー(2ndステージ)のご案内

会場

⇒大宮ソニックシティ 7F 会議室707

アクセス:JR大宮駅西口から徒歩3分
〔住所〕 さいたま市大宮区桜木町1-7-5
〔TEL〕 048-647-4111
  駐車場:ソニックシティ地下駐車場…30分/200円
                   (利用時間 7:00~23:00)

日時
H28年 4月17日(日) 10:00~17:00

内容
手関節のプライトン固定および足関節トランスファンクション固定

保存療法の現場には様々な固定法や固定材があり、症例によって使い分けているという方も多いかと存じます。レナサームやキャストライトのようなギプス系の素材が比較的多く使われているなか、なぜ当セミナーがプライトンを推奨しているのか、その詳しい理由に迫りつつ、参加者全員による作成体験実習を行います。

プライトンならではの軟性質感に加え、皮膚接触部位にオルソラップを使用することで装着感の心地よさが格段にUPし、長時間の固定装着によるストレスを和らげると同時に、抜群の加工性能によって臨機応変に形状を変えることができます。カットのしやすさはもとよりその後の補強部位の強化(張り合わせ)、ドライヤー熱による皴や鋭角箇所の補正に至るまで、日々の臨床に欠かせない様々なテクニックを披露します。

また症例によっては、運動機能の回復に合わせて固定装具から機能装具へと役割を変えていく過程が必要になります。今回は
これを実現させる画期的な固定法を伝授いたします。BFI研究会の会員の方も、会員でない方も、ご興味のある方はふるってご参加下さい。

以下に掲載したものを当日、実際に作成していただきます。
Asp

Pula000_3
Wristpula000_3
          ⇒『私が固定装具に機能性と美しさを求める理由


当日プログラム
午前の部
9:50  受付開始
10:00  実演指導ならびにプライトン作成演習
12:30  昼食休憩(会場内での飲食は不可です。周辺のカフェ等をご利用下さい)

午後の部
13:30 午前の部に引き続きプライトン作成演習
    パネルディスカッション(プライトン作成何でも相談会)
16:30 閉会撤収
17:00  散会

注1)プライトン作成については手関節、足関節等を予定しておりますが、当日の進行具合によって変更される場合があります。
注2)当日会場内でのビデオ撮影等はご自由にどうぞ。

            下の写真は前回(1stステージ)の様子
Semina
…参加者の声…
◇なかさこ接骨院院長
「いろいろなセミナーに出ていますが、脳の視点で捉える固定法というのは他に聞いたことがないですね。三上先生の考え方は実際の臨床とすごく合致していて説得力があります。レナサームとプライトンの質感の違いも今回のセミナーでよく分かりました」

◇マナ接骨院院長
「セミナーの翌日さっそく膝の外傷(野球部の学生)が来て、作ったばかりのプライトン固定が役立ちました。ガーゼを使う裏技でプライトン特有のベタツキが解消されるのには驚きでした。今後予定されているステージ全部参加して、技術の引き出しを増やしたいです」

◇九坪鍼灸接骨院院長
「プライトンに特化したセミナーというのはありそうで、ないんですよね。学術系の勉強会いろいろ行っていますが、これだけ充実した講習会はそんなにないと思います。実際に作るのもいい勉強になりますが、自分自身が固定される側になったときも意外な発見が多かったです」

◇西方町はり灸柔道整復院 一期院長
「院内のスタッフ2人で参加しましたが、日々の診療の中での緊張感とは違って、失敗してもいいというリラックスした雰囲気で落ち着いて技術を確認できる場って本当に貴重だなと思いました。次回以降も参加しますのでよろしくお願いします」

◇くりのき鍼灸整骨院院長
「学校では絶対に教わらない形でしたが、目からうろこの理論に心底納得です。日々の臨床に即使える実践テクニック満載で、明日からの診療が楽しみになりました!」


参加費
   非会員≪ 30,000
    会員≪ 20,000 ≫
    

当日会場にて申し受けます。

※参加費には材料費が含まれており、当日ご自分が作成したプライトン固定はお持ち帰りいただけます。

     
当日持参する物
  ・お一人様につき2枚程度のタオル(なるべく厚手のもの)、下腿~足部の出るジャージをご持参ください。

  

定員
  
先着18名まで(申込期限…前日20時)
           
    
※定員に達し次第
Facebookページに告知します



⇒お申し込みはこちら(参加申込フォーム)



◇プライマリケアに役立つ固定法(三上式プライトン固定)
1) 母指3次元固定法(母指球安定型プライトン)
2) フィンガートラクション-その意義について- 
3) 膝関節における前面窓式プライトン固定 
4) 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法(前腕部割り入れ併用式) 
5足底プライトンシーネ(元ほねつぎの妻が骨折!
6) 足関節捻挫におけるf(ファンクショナル)-プライトン固定
7) 腓腹筋ラッピングシーネ new
8) 体幹プライトンシーネ(元ほねつぎの母が脊椎圧迫骨折???) new

→三上式プライトン固定のセミナーのご案内(f-プライトン固定セミナーの開催日程)


トップページに戻る


 ≪三上クリニカルラボ≫   ≪BFI研究会≫   






  

BFI 研究会

Facebookページも宣伝

« 第31回BFI 技術研修会(H28年3月27日)のご案内 | トップページ | 私が固定装具に機能性と美しさを求める理由 »

プライトン固定セミナー」カテゴリの記事