BFI 研究会代表ブログ

フォト

三上のプライベートブログ(FB/避暑地の猫/音信普通)

カテゴリー

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ③BFI静的アプローチ(BFI-static approach)-ルーティンテクニック- | トップページ | 第33回BFI 技術研修会(H28年7月24日)のご案内 »

2016/06/01

6月26日プライトン固定セミナー(3rdステージ)のご案内

≪トップページ≫

Pliton7
プライトン固定セミナー(3rdステージ)のご案内

会場

⇒大宮ソニックシティ 7F 会議室707

アクセス:JR大宮駅西口から徒歩3分
〔住所〕 さいたま市大宮区桜木町1-7-5
〔TEL〕 048-647-4111
  駐車場:ソニックシティ地下駐車場…30分/200円
                   (利用時間 7:00~23:00)

日時
H28年 6月26日(日) 10:00~17:00

内容
①ばね指のリング固定 ②肘関節の夜間装具 ③腓腹筋損傷に対するプライトン固定

①ばね指においてはPIPを屈曲させるとpainやsnappingを誘発しますが、PIP伸展位であればMPを屈曲させても症状は誘発されません。PIPが伸展位に保持されていれば、指を動かしてもA1ligへの負荷が小さくて済むからです。したがってテーピング等でPIPを伸展位に保持させる方法がありますが、皮膚のデリケートな患者には継続できない欠点があります。そこで今回は皮膚の問題を最大限考慮したプライトンによるリング固定を作成します。
Snapping見た目とは違い、実際の作成にはそれなりのコツが要りますが、患者にとっては装着しているのを忘れるくらい軽くフィットする優れものです。


②肘関節に発生したCRPS(RSD)においては「耐え難い夜間痛」を訴えるケースがあります。この現象は分かりやすく表現すると「“歯の食いしばり”が肘関節に起きた状態」と譬えることができます。歯の食いしばりにはマウスピースという手段があるわけですが
、肘関節には三上式プライトン固定があります。
Hijirsd2
Hijipura3

拘縮の病態について構造的な要因しか頭にない医療者は「動かさないと固まってしまうから無理してでも動かしなさい」と指示しますが、この症例は他医で同指示を守ることで悪化した典型例です。拘縮の真の原因は運動中枢の異常活動(例えば主動作筋と拮抗筋の同時収縮)であるというBFI の視点により夜間装具を作成したところ「嘘みたいにぐっすり眠れるようになった」そうで、数週間後には拘縮も回復しました。

「こんな症例に出遭うことは…」と考える先生もいらっしゃるかもしれませんが、複雑化した現代社会は脳疲労を抱える要因に満ちており、今後こうした症例に遭遇することが絶対にないとは言えません。いざという時のためにこうした技術を持っておいて損はないと思います。



③夜間にふくらはぎが釣って「イテテテー」と身もだえした経験をお持ちの方は少なくないと思われますが、以下に示すのはこの現象がほぼ毎晩のように2カ月以上も続いて、しかも両ふくらはぎに起きているという希少例です。
Hihuku1
ご覧のプライトン固定を夜間装具として作成したところ、装着した当夜から全く釣らなくなったとのこと。足が釣るという現象の多くは脳神経活動の偏り(局所の興奮)が原因だというのがBFI の視点。カウンセリングによって過重なストレッサーの存在が判明。脳が興奮している理由を本人に自覚していだたき、さらにストレスに対する対処法も助言。BFI &カウンセリング&プライトン夜間装具の3本の矢で見事治癒させることができた症例です。

この固定はもともと外傷における腓腹筋損傷(肉離れ)のために考案されたものですが、挫傷以外の様々な症例に使える有用性の高い固定です。テーピングは皮膚の問題と常に隣り合わせですが、患者自身による脱着が可能な装具固定は本当に喜ばれますし、何よりも回復が極めて早いという最大の利点があります。
本格的な夏を迎える前に、テーピングによる皮膚の問題を回避できる手段の一つとしておススメの固定法です。

          ⇒『私が固定装具に機能性と美しさを求める理由



当日プログラム

午前の部
9:50  受付開始
10:00  実演指導ならびにプライトン作成演習
12:30  昼食休憩(会場内での飲食は不可です。周辺のカフェ等をご利用下さい)

午後の部
13:30 午前の部に引き続きプライトン作成演習
    パネルディスカッション(プライトン作成何でも相談会)
16:30 閉会撤収
17:00  散会

注1)プログラム内容は当日の進行具合によって変更される場合があります。
注2)当日会場内でのビデオ撮影等はご自由にどうぞ。

            
667
671_2
1680
1681
1674
1685
676



参加費
   非会員≪ 30,000
    会員≪ 20,000 ≫
    

当日会場にて申し受けます。

※初参加の方で入会を希望される方はこちらのページで入会手続きをお済ませください
尚、入会金は10,000となっております。したがって初参加の方は入会の有無に関らず合計30,000となります。

※参加費には材料費が含まれており、当日ご自分が作成したプライトン固定はお持ち帰りいただけます。

     
当日持参する物
  ・お一人様につき2枚程度のタオル(なるべく厚手のもの)、下腿~足部の出るジャージをご持参ください。

  

定員
  
先着18名まで(申込期限…前日20時)
           
    
※定員に達し次第
Facebookページに告知します

⇒参加申込フォーム(会員の方)



◇プライマリケアに役立つ固定法(三上式プライトン固定)
1) 母指3次元固定法(母指球安定型プライトン)
2) フィンガートラクション-その意義について- 
3) 膝関節における前面窓式プライトン固定 
4) 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法(前腕部割り入れ併用式) 
5足底プライトンシーネ(元ほねつぎの妻が骨折!
6) 足関節捻挫におけるf(ファンクショナル)-プライトン固定
7) 腓腹筋ラッピングシーネ new

8) 体幹プライトンシーネ(元ほねつぎの母が脊椎圧迫骨折???) new

→三上式プライトン固定のセミナーのご案内(f-プライトン固定セミナーの開催日程)


トップページに戻る 





≪三上クリニカルラボのホワイトボードのトップページに戻る≫



 ≪三上クリニカルラボ≫   ≪BFI研究会≫   






  

BFI 研究会

Facebookページも宣伝

« ③BFI静的アプローチ(BFI-static approach)-ルーティンテクニック- | トップページ | 第33回BFI 技術研修会(H28年7月24日)のご案内 »

プライトン固定セミナー」カテゴリの記事