BFI 研究会代表ブログ

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 100年プロジェクト-「母、激痛再びの衝撃」に想ったこと- | トップページ | 第37回BFI 技術研修会(H29年3月19日)のご案内 »

2017/01/18

第36回BFI 技術研修会(H29年2月5日)のご案内

≪トップページ≫Sonic22
会場
⇒大宮ソニックシティ 9F 会議室902

アクセス:JR大宮駅西口から徒歩3分
〔住所〕 さいたま市大宮区桜木町1-7-5
〔TEL〕 048-647-4111
  駐車場:ソニックシティ地下駐車場…30分/200円 
                   (利用時間 7:00~23:00)
.

Sign653_2_2

日時
H29年 2月5日(日) 10:00~17:00


プログラム
◇午前の部
9:45
受付開始

10:00

▼新春特別講演 『脳疲労とは何か?-脳内環境とホメオスタシスの観点から見えてくるもの-』

Aa

「疲労物質(乳酸)が溜まって筋肉が疲れる」という説は最新科学によって完全否定され、労働やスポーツの後に感じる筋肉疲労の正体は、実は脳にあることが分かってきた。さらに“疲労”と“疲労感”はまったくの別物であり、これを切り離して考えることの重要性も脳科学によって示されている。

本講演においては最先端の研究が明かした疲労のメカニズムを概観し、脳疲労と自律神経の関係性および当会が掲げる痛みの原因(脳代謝バランスの乱れやDMN等)との関係性について考察を深めていく。

さらに恒常性の維持(ホメオスタシス)を基盤にして、“脳内環境”“脳疲労”という言葉の概念を明確にすると同時に、新たな造語を提起することで、脳と痛みの関係を考えるうえで極めて重大な視点を喚起したい。

当日の講演で上映されたスライドはこちらのページで全てご覧になれます。
.
.

.

12:00
昼食休憩(会場内での飲食は不可です。周辺のカフェ等をご利用下さい)


◇午後の部
13:00
臨床試験&実技演習『BFI 最新技術-生体のゆらぎ(重心のoval swing)および皮膚接触面積の拡大を考慮したテクニックーを参加者全員が体感し、その評価を術後アンケートに答えていただく臨床実験ならびにその実技指導および実技演習』

研究会発足時に予告していたとおり、当会の研究テーマはいよいよ脳と皮膚の関係に…。「腸は第二の脳」「皮膚は第三の脳」と言われて久しいが、昨今のセロトニンやオキシトシンの研究に象徴されるように脳と皮膚の関係は今後の医療にとって極めて大きな意味を持ってくるものと思われる。

人体最大の臓器“皮膚”と脳の関係に着目した新技術を公開すると共に、その技術を参加者全員が体感し、その評価レポートの作成を行う体験会を開催。

さらに新技術を参加者同士で行う実技演習、実技指導も時間の許す限り。


16:30
閉会撤収

17:00
散会


17:20
yakai  !!  jiyuusanka…




当日プログラムの内容は予告なく変更されることがあります。



参加費。。
    
非会員≪ 20,000 ≫ 

    会員≪10,000 ≫
 
当日会場にて申し受けます。
 

※入会金は《 10,000 》です。初参加の方は入会の有無に拘らず合計《 20,000 》となります。


初めて参加される方へ
初参加の方は事前の予備知識として
疼痛概念のパラダイムシフト(前編)(後編) にお目を通していただいた上でご来場いただければと思います。

 

 ⇒お申し込みはこちら(参加申込フォーム)


 
    
 
定員 
  先着18名まで  (申込期限…前日20時)

           
    
※定員に達し次第
Facebookページに告知します 



⇒研究会公式サイトの「研修会のご案内」ページ
   
  


  
より大きな地図で ソニックシティホール・会議室・展示場利用案内 を表示




≪トップページに戻る≫


≪三上クリニカルラボ≫ ≪BFI研究会公式サイト≫

  

« 100年プロジェクト-「母、激痛再びの衝撃」に想ったこと- | トップページ | 第37回BFI 技術研修会(H29年3月19日)のご案内 »

BFI 技術研修会のプログラム詳細」カテゴリの記事