BFI 研究会代表ブログ

フォト

三上のプライベートブログ(FB/避暑地の猫/音信普通)

カテゴリー

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 脳疲労とは何か-かんたん解説版(BFI 研究会)- | トップページ | 4/22一般講演会「究極のタッチケア“BFI”とは何か?」を終えて-概要レポート- »

2018/03/25

5月20日BFI技術研修会のご案内

《トップページ》
Bfi1190


日時
H30年 5月20
日(日)    13:30~17:30 


会場

⇒大宮ソニックシティ 9F 会議室 902

アクセス:JR大宮駅西口から徒歩3分
〔住所〕 さいたま市大宮区桜木町1-7-5
〔TEL〕 048-647-4111
  駐車場:ソニックシティ地下駐車場…30分/200円 
                   (利用時間 7:00~23:00)

902_3_2



当日プログラム内容


◇特別講演『4/22一般講演会「BFIとは何か?」ノーカット版(概要報告)

Kaihatsu

先月開催された一般公開特別講演会はその内容量が多かったため、直前の編集でカットしたスライドが多数あります(とくに医療者向けの内容をカットしました)。それを含め当日の講演内容の概要を再演させていただきます。

Bfi000

皮膚関節統合気圧センサー、人体の周囲を取り巻いている準静電界、耳に聴こえない超高周波を感知する毛包受容器、脳の神経回路を書き換える微弱信号、そのメカニズム-Stochastic Resonance:確率共鳴(確率共振)-について解説いたします。これを知ることで、脳の可塑性を促す物理的介入はできるだけ微弱な“ノイズ”、それも生体ゆらぎ系の信号(極微の振動)が極めて効果的である理由を深くご理解していただけるものと思います。

Ffffff
Kiatutobfi


 


◇BFI ルーティンテクニックのアップデート

144

BFIのごとき極微の刺激(微弱信号)によってさえ一部症例に見られる「触るだけで悪化する、もしくは強い副作用を訴えるタイプ」に対するタッチレステクニックおよび頭部~体幹の組み合わせによる新しい技術を紹介し、これらの
実技体感実験を行います。

Ootani3_2

Hosino2

上記2つの画像の内、大腿浮腫のほうは通常のタッチテクニック(LT/線の技術)による効果で、下の下腿浮腫のほうは触らないテクニック(PT/点の技術)による効果を示しています。後者のようにタッチレスの技術によって劇的な変化が現れるというのは、俄かには信じ難いものが…(タッチレスで“痛み”が引くのは何度も経験していたが、これだけの“浮腫”がその場で即効的に改善してしまうというのは正直、開発者自身驚きでした)。

とは言え、これは正真正銘の事実です。当日はタッチ系の技術とタッチレス系の技術を使い分けるコツについて詳しく解説させていただきます。

さらに時間が許せば、内臓アプローチの新技術についてご報告いたします。





※当日のアップデート・アップグレード・ローテーション実技演習(体感比較試験)等について
 

当会の実験および実技演習には初参加者の方も加わっていただいておりますが、これまでのところ支障を来たした例はございません(皆無です)。どなた様におかれましても、まったく問題なく安心してご参加いただけます。

初めて参加する際、「実際の技術はどれくらいの力加減なのか知りたくて…」という方が多いのですが、まさしくその絶好の機会と捉えていただければと…。

ただ事前の準備として、BFIの動画(
➡前回アップデートの動画)を見ておいていただくと当日の実技演習がスムースに行えると思います。いわゆるイメージトレーニングですが、最新の脳科学でその有効性が立証されています。お時間の許す範囲内で眺めておいていただければと思います。

➡BFI研究会の動画専用ページ(You Tube)はこちら

.


 

◆参加費。。
 
非会員≪ 20,000 ≫ 

     会員≪10,000 ≫
当日会場にて申し受けます。
 

※入会金は《 10,000 》です。初参加の方は入会の有無に拘らず合計《 20,000 》となります。



 ⇒初めて参加される方はこちら


 ⇒2回目以降の参加申込はこちら 


 
    
 
◆定員

  先着18名まで  (申込期限…前日20時)

           
    ※定員に達し次第
Facebookページに告知します



⇒研究会公式サイトの「研修会のご案内」ページ
  




 H30年の開催日程


   ◆1月14日(日) 13:30~17:30
   ◆2月18日(日) 13:30~17:30
   ◆3月21日(祝) 13:30~17:30
   ◆
4月22日(日) 「一般講演会」 

   ◆5月20日(日) 13:30~17:30
   ◆6月17日(日) 13:30~17:30
 

   
  


  
より大きな地図で ソニックシティホール・会議室・展示場利用案内 を表示




≪トップページに戻る≫


≪三上クリニカルラボ≫ ≪BFI研究会公式サイト≫

  

« 脳疲労とは何か-かんたん解説版(BFI 研究会)- | トップページ | 4/22一般講演会「究極のタッチケア“BFI”とは何か?」を終えて-概要レポート- »

BFI 技術研修会のプログラム詳細」カテゴリの記事