BFI 研究会代表ブログ

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

椎間板ヘルニア-①画像診断の矛盾-

2011/10/24

①腰椎椎間板ヘルニア-画像診断の矛盾-

《トップページ》
前回のコラムでは「EBMによって腰痛の85%が原因不明ということが分かった」という話をさせていただきました。

今回は“椎間板ヘルニア”の問題を取り上げることにします。腰痛の世界で最もポピュラーな病名…、手術すべきかどうか?で一番悩まされることの多い腰痛…。

.

その核心に触れる前に、ヘルニアの謎を少しだけご紹介しておきたいと思います。はじめに臨床の現場から…。

.

           『下肢にしびれがあるのに、MRIでは側にヘルニアが見つかった』

     『痛みやしびれがごく軽度なのに、MRIでは巨大なヘルニアがある』

     『激烈な症状があるのに、MRIでは微小なヘルニアしかない(強烈な痛みとしびれを

      引き起こすような変化が見当たらない)』

     『MRIで椎間板ヘルニアと診断されて入院したが、2週間後には症状が消えてしまった為、

      再びMRIを撮ったところ、画像上は変化がない(すなわちヘルニアはそのままで痛みだけが消えてしまった)』 

.                                  

専門家のあいだでは、このように患者さんの症状とMRIの結果が一致しないということは、以前から知られていました。であれば、当然ヘルニアとはいったい何なのだろう?という疑念が浮かぶわけです。そこで「今一度ヘルニアについて洗い直してみよう」という動きが1990年代の欧米で表出しました。

.
ちょうどそのころ医学界を席巻し始めていたEBMを導入することで、より客観的なヘルニアの省察が行われたのです。すると次々に衝撃的な事実が判明しました。その内容は

         「無症状のヘルニアがたくさん見つかった

というものす。

現在こうした事象は研究者のあいだでは周知の事実となっており、無症状のヘルニアを「MRIヘルニア」と呼んでいます。

.
それでは「MRIヘルニア」はどのくらいの頻度で見つかるのでしょう?
1995年に発表されたBoosらの論文(
椎間板ヘルニアが本当に腰痛の原因となるかどうかを調べる研究)では以下のように報告されています。

.

痛みのある椎間板ヘルニアの患者のグループ」と「腰痛のないグループ」において、それぞれの職業内容・年齢・性差・生活習慣などの条件を同一にしたうえで、MRIを比較した結果、

腰痛のないグループの76%にヘルニアが見つかり85%に椎間板の変性が認められました

これは驚くべき数字です。正常な人たちの7割以上にヘルニアがあるのですから!

.
しかもこの論文が出される以前にも、MRIによる
腰痛群無症状群を比較するという実験は複数の研究者らによって行われており、いずれの研究においても3~8の「無症状ヘルニア」や「無症状の変性椎間板」が見つかっています。

.

このため1994年に発表されたアメリカの腰痛ガイドラインでは、

  『変形性脊椎症が単なる退行性変化であるのと同じように、変性椎間板、椎間板ヘルニアもまた単なる老化のサインに過ぎず、腰痛の原因としては見当違いの所見かもしれない

と論旨されています。

.

さらに1998年、WittenburgらはEBMに則った比較試験を厳密に行うことで、

              『MRI上のヘルニアと神経症状のあいだには関係がない』

ことを証明し、MRIのみでは診断できないと結論付けています。

.

日本ではいまだにMRIに頼った診断が続いていますが、このように海外においては「MRIのみでは確定診断できない」という厳然たる事実が示されているのです。

.

したがって椎間板ヘルニアの診断に際しては、臨床所見すなわち患者さんの訴える痛みやしびれの強さ・場所・範囲、知覚異常の有無・範囲、筋力低下の有無、腱反射の異常、日常生活における動作の評価などをきめ細かく精査し、そのうえでMRIと患者さんの症状を照合させ、より精密に、より厳密に判断する必要があります。

.

そのようにして患者さんの症状とMRIの関係を突き詰めていくと、完全に一致することは極めて少ないということが言えるのです。

.

.

     腰痛の85%は原因不明 Prev Nexxt ②ヘルニアは脊椎を守る防御反応

.

                     ⇒椎間板ヘルニアの真実-医学史に残る巨大な錯誤-

.

                             トップページに戻る

.

          ≪三上クリニカルラボ≫       ≪BFI研究会≫                  

BFI 研究会

Facebookページも宣伝

その他のカテゴリー

100年プロジェクト-「母、激痛再び」の衝撃に想ったこと- | 9/24一般講演会を終えて-参加者の声- | BFI テクニック序論-基本的な考え方および検査等- | BFI 技術研修会のプログラム詳細 | BFI 研究会のホワイトボード | BFI 研究会代表あいさつ-NHKスペシャルが開いた扉の先にあるもの- | BFIの技術-最新版- | CRPS(RSD)-1)痛み・しびれと神経の本当の関係- | CRPS(RSD)-3)そのとき鈴木さんに何がおきたのか?- | CRPS(RSD)-4)鈴木さんが回復した理由- | CRPS(RSD)-基礎知識- | CRPS(RSD)-2)痛み信号の通り道と自律神経(ANS)- | CRPS(RSD)-プロローグ- | EBM(根拠に基づく医療)とは何か? | H29年7月のアップデートおよび比較試験の結果報告 | VASによる治療効果の判定シート | “治療的診断”に潜む論理的錯誤(ロジックエラー) | ①BFI 入門編-脳にアプローチする治療家にとって絶対的不可欠の心構え- | ぎっくり腰の真実-脳の自衛措置- | デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)と自律神経の関係を考察する-BFIとシャムの比較試験より- | ニューロフィクス(neuro-fixed)という視点 | フィンガートラクション-その意義について- | プライトン固定セミナー | 体幹プライトンシーネ(元ほねつぎの母が脊椎圧迫骨折???) | 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法 | 古今東西あらゆる痛み治療は最終的に“同じ場所”にアプローチしているという見方 | 外傷の痛み(ハードペイン)を再考する | 小脳へのアクセス-なぜ“関節”なのか?- | 役割分担-臨床研究と基礎研究とランダム化比較試験(RCT)- | 椎間板のパラダイムシフト(前編) | 椎間板のパラダイムシフト(後編) | 椎間板ヘルニア-①画像診断の矛盾- | 椎間板ヘルニア-②ヘルニアは脊椎を守る防御反応 | 椎間板ヘルニア-③末梢神経の圧迫≠痛み- | 椎間板ヘルニア-④神経の変性≠痛み(その1)- | 椎間板ヘルニア-⑤神経の変性≠痛み(その2)- | 椎間板ヘルニア-⑥神経の変性≠痛み(その3)- | 椎間板ヘルニア-⑦神経の変性≠痛み(その4)- | 椎間板ヘルニア-⑧神経の変性≠痛み(その5)- | 椎間板ヘルニア-⑨髄核の脱出≠圧迫 | 椎間板ヘルニア-⑩物理的な圧迫≠炎症の発生- | 椎間板ヘルニア-⑪椎間板の変性≠痛み(その1)- | 椎間板ヘルニアの真実-医学史に残る巨大な錯誤- | 母指3次元固定法(母指球安定型プライトン) | 無意識下情報処理が痛みや関節拘縮を改善させり理由-DMNとミラー療法- | 無意識下情報処理が痛みや関節拘縮を改善させる理由①-脳内補完とソフトペイン- | 疼痛概念のパラダイムシフト(前編)-AKA-博田法➡関節拘縮➡ANT➡シャム➡脳- | 疼痛概念のパラダイムシフト(後編)-セルアセンブリ➡脳内補完➡ソフトペイン- | 痛みと交絡因子とBFI-科学の視点- | 痛みの原因論の二極化(肉体?or 脳?)について一番分かりやすい説明-ソフト論、ハード論とは何か?- | 痛みの成因1)脳と心身環境因子 | 痛みの成因2)脳と内的要因 | 痛みの成因3)症状は生体の弱点に | 痛みの成因4)環境病という視点 | 痛みの成因5)五感力と食生活 | 痛みの成因6)カウンセリングの意義 | 痛みの成因7)ストレス説を斬る!-過去を封印して生きるということ- | 痛みの成因8)ストレス説を斬る!-ストレス≠痛み- | 痛みの成因9)ストレス説の皮相性を斬る!-脊柱管狭窄症と“気づき”の道程- | 痛み記憶の再生理論-セル・アセンブリのフェーズ・シーケンス- | 皮膚回旋誘導テクニック | 私の原点 | 脳疲労とは何か? | 脳膚相関-脳と皮膚の関係-を考える | 腓腹筋ラッピングシーネ | 腰痛-①腰痛治療の現状- | 腰痛-②痛みの科学的研究- | 腰痛-③整形外科の歴史と慢性痛- | 腰痛-④画像診断が意味するもの- | 腰痛-⑤腰痛の85%は原因不明- | 膝関節における前面窓式プライトン固定 | 自律神経測定による“治療効果の見える化”と代替報酬 | 触覚同期ミラーセラピー | 足底プライトンシーネ(ほねつぎの妻が骨折!) | 足関節捻挫における f-(ファンクショナル)プライトン固定 | 関節7つの精密機能-1)応力を分散させる免震機能(関節包内運動)- | 関節7つの精密機能-2)振動を吸収する制震機能(脳を守る骨格ダンパー)- | 関節7つの精密機能-3)衝撃をブロックする断震機能(関節内圧変動システム)- | 関節7つの精密機能-4)関節軟骨の神秘(“知的衝撃吸収”機能) | 関節7つの精密機能-5)関節軟骨の神秘(驚異の摩擦係数) | 関節7つの精密機能-6)潤滑オイルの自動交換システム(滑膜B型細胞の“受容分泌吸収”機能) | 関節7つの精密機能-7)関節受容器によるフィードフォワード制御 | 関節反射ショック理論 | 4スタンス理論と関節神経学の融合-4スタンス×8理論-