BFI 研究会代表ブログ

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

足底プライトンシーネ(ほねつぎの妻が骨折!)

2012/09/17

足底プライトンシーネ(元ほねつぎの妻が骨折!)

《トップページ》.


Kazu2
妻が骨折しました(と言っても、2009年のことですが)。受傷機転は「高い棚にある箱を取ろうとして椅子に乗った瞬間バランスを崩して落下。足の趾を強打」。

.

その日、仕事から帰宅すると、不安そうな表情をした妻。

「椅子から落ちちゃった…」

「大丈夫か?」


「うん…、でもけっこう腫れてるっぽい…」


「どれ、見せてみろ。本当に腫れてるな……」
(って言うか、 骨いってるじゃんか!! ) 


ここ痛くないか?」(触診)

「いったーい!痛いよ(怒)!もう!」

「そりゃそうだ。折れてるもん。しかも2か所…」

(それにしても診たてのために触診しているのに、ふつう怒るか?子供か、おまえは!)


「えー、うそー!レントゲン撮っていないのに分かるわけないでしょ?」


「おいおい、俺はプロだぞ…、
触れば分かるっつの!」
(正確には“元プロ”だけどね)


「ふーん…(疑惑の表情)」

「信じてないな。 ま、なんにしても、明日整形に行ってレントゲンを撮ってもらえば分かるよ…」

翌朝、近くの整形の開業医へ。

レントゲンの結果(冒頭の写真)、『左第34趾基節骨骨折』。簡単に言うと、足の指の骨折。それも2本。どんぴしゃ正解!骨折の箇所も折れ方も思ったとおり。

ただ、下手な技術で引っ張ると、かえって転位が強くなるむつかしい折れ方。


「ここ少し短縮して曲がっているから、軽く引っ張っておこうね。でも、ここは引っ張っても戻りにくいところなんだよね。でもまあ、いちおう…ね…」と、物腰の柔らかそうな老紳士然としたドクターはそのように仰って、さっそく整復操作に。

本当にやさしくさわる程度でした。ドクター、ありがとうございました。いい先生で良かった。でも、ドクターが作ってくれた固定(キャストライトシーネ)はところどころ当たってしまっているらしく、妻いわく「指先と踵が当たって痛い」を連発。

帰宅後、再整復し、固定も作り直しました。

                            O0448033611510927330         O0448033611510927329

写真は私が作ったプライトンによる固定。足底部に衝撃吸収インナーソールを貼り、固定歩行の後に起こりやすい腰痛や肩こりの予防対策もバッチリ。“元ほねつぎ”が作った匠の技術に妻も納得の様子。
                           O0448033611510927331

「すっごーい!全然痛くない。歩いても疲れない。圧迫感もない。やっぱりあなたはすごい人だったのね」

「やっと分かったか!」

O0448033611510916483_2

整形のドクターは手術のプロ

わたしたち接骨師(柔道整復師)は保存療法のプロ

両者の強みを融合させた、すなわち整形外科医と接骨師(ほねつぎ)がタッグを組んで行う臨床現場が、患者さんにとっていかに安心できる医療体制であるか…。

私はかつて4軒の整形外科で副院長を歴任し、そうした体制を実現させてきました。

「世界に冠たる日本の整形外科として、その理想形は医師と接骨師が互いの専門知識と技術を組み合わせて行うチーム医療ではないか」というのが、私の個人的な視点です。

いつの日か、そんな医療が実現する日を願って止みません…。



謹告:上記足底プライトンシーネの作成講習会(実技セミナー)をH28年10月30日に埼玉県で開催いたします。ご興味のある方は奮ってご参加ください.(⇒プライトンシーネ作成講習会のご案内) 




《上記足底プライトンシーネの作り方》

.

①最初にプライトンを2枚重ねにした大判シーネを作っておきます(膝関節における前面窓式プライトン固定で作り方を説明しています)。熱湯で貼り合わせたあとはバスタオルの上に乗せておきます。

.

②A4くらいのコピー用紙を用意して、患者の足をその上に載せ、足部のラインに沿って書きます(プライトンが熱湯で縮むのを計算して少し大きめに)。それを切り抜いてインソール状の紙枠を作ります。

.

③あらかじめ作っておいたプライトンシーネにその紙枠を重ねて置いて、サインペン等で紙枠の形をシーネに描きます。シーネ上で足底ラインの外側に側面や上部カバーの部分を描き込んでその形に切り抜いて、サンダル状のプライトン型枠が完成します(カーブ部分に適宜切れ目を入れて、その部分だけ重ねて、その局所を熱湯に浸し、指で抑えつけて接合させていくと、カーブ面もきれいに整形できます)。

.

④最後に患者足部を薄く包帯で巻き、その上にオルソラップで覆い、サージカルテープ等で仮止めしておきます。そこに作成したプライトン全体を熱湯に浸して、タオルで表面の水分(べたつき)を取ったら、すばやく患部に押しあてて、その上から弾性包帯等で巻いて固まったら、プライトン内側にオルソラップが付着した状態の原型が出来上がります。

.

⑤あとは患者に当たるところはないかを聞きながら、余分な場所をカットして完成です。
 

◇プライマリケアに役立つ固定法(三上式プライトン固定)
1)
私が固定装具に機能性と美しさを求める理由
2) ニューロフィクス(neuro-fixed)という視点
3) 外傷の痛み(ハードペイン)を再考する
4) 母指3次元固定法(母指球安定型プライトン)
5) フィンガートラクション-その意義について- 
6) 膝関節における前面窓式プライトン固定 
7) 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法(前腕部割り入れ併用式) 
8) 足底プライトンシーネ(元ほねつぎの妻が骨折!
9) 足関節捻挫におけるf(ファンクショナル)-プライトン固定
10) 腓腹筋ラッピングシーネ

11) 体幹プライトンシーネ(元ほねつぎの母が脊椎圧迫骨折???) 

.
.

→三上式プライトン固定のセミナーのご案内(f-プライトン固定セミナーの開催日程)


トップページに戻る

.

                         BFI 研究会

Facebookページも宣伝

.

                         トップページに戻る

.

.

.

          ≪三上クリニカルラボ≫      ≪BFI研究会≫

その他のカテゴリー

100年プロジェクト-「母、激痛再び」の衝撃に想ったこと- | 9/24一般講演会を終えて-参加者の声- | BFI テクニック序論-基本的な考え方および検査等- | BFI 技術研修会のプログラム詳細 | BFI 研究会のホワイトボード | BFI 研究会代表あいさつ-NHKスペシャルが開いた扉の先にあるもの- | BFIの技術-最新版- | CRPS(RSD)-1)痛み・しびれと神経の本当の関係- | CRPS(RSD)-3)そのとき鈴木さんに何がおきたのか?- | CRPS(RSD)-4)鈴木さんが回復した理由- | CRPS(RSD)-基礎知識- | CRPS(RSD)-2)痛み信号の通り道と自律神経(ANS)- | CRPS(RSD)-プロローグ- | EBM(根拠に基づく医療)とは何か? | H29年7月のアップデートおよび比較試験の結果報告 | VASによる治療効果の判定シート | “治療的診断”に潜む論理的錯誤(ロジックエラー) | ①BFI 入門編-脳にアプローチする治療家にとって絶対的不可欠の心構え- | ぎっくり腰の真実-脳の自衛措置- | デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)と自律神経の関係を考察する-BFIとシャムの比較試験より- | ニューロフィクス(neuro-fixed)という視点 | フィンガートラクション-その意義について- | プライトン固定セミナー | 体幹プライトンシーネ(元ほねつぎの母が脊椎圧迫骨折???) | 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法 | 古今東西あらゆる痛み治療は最終的に“同じ場所”にアプローチしているという見方 | 外傷の痛み(ハードペイン)を再考する | 小脳へのアクセス-なぜ“関節”なのか?- | 役割分担-臨床研究と基礎研究とランダム化比較試験(RCT)- | 椎間板のパラダイムシフト(前編) | 椎間板のパラダイムシフト(後編) | 椎間板ヘルニア-①画像診断の矛盾- | 椎間板ヘルニア-②ヘルニアは脊椎を守る防御反応 | 椎間板ヘルニア-③末梢神経の圧迫≠痛み- | 椎間板ヘルニア-④神経の変性≠痛み(その1)- | 椎間板ヘルニア-⑤神経の変性≠痛み(その2)- | 椎間板ヘルニア-⑥神経の変性≠痛み(その3)- | 椎間板ヘルニア-⑦神経の変性≠痛み(その4)- | 椎間板ヘルニア-⑧神経の変性≠痛み(その5)- | 椎間板ヘルニア-⑨髄核の脱出≠圧迫 | 椎間板ヘルニア-⑩物理的な圧迫≠炎症の発生- | 椎間板ヘルニア-⑪椎間板の変性≠痛み(その1)- | 椎間板ヘルニアの真実-医学史に残る巨大な錯誤- | 母指3次元固定法(母指球安定型プライトン) | 無意識下情報処理が痛みや関節拘縮を改善させり理由-DMNとミラー療法- | 無意識下情報処理が痛みや関節拘縮を改善させる理由①-脳内補完とソフトペイン- | 疼痛概念のパラダイムシフト(前編)-AKA-博田法➡関節拘縮➡ANT➡シャム➡脳- | 疼痛概念のパラダイムシフト(後編)-セルアセンブリ➡脳内補完➡ソフトペイン- | 痛みと交絡因子とBFI-科学の視点- | 痛みの原因論の二極化(肉体?or 脳?)について一番分かりやすい説明-ソフト論、ハード論とは何か?- | 痛みの成因1)脳と心身環境因子 | 痛みの成因2)脳と内的要因 | 痛みの成因3)症状は生体の弱点に | 痛みの成因4)環境病という視点 | 痛みの成因5)五感力と食生活 | 痛みの成因6)カウンセリングの意義 | 痛みの成因7)ストレス説を斬る!-過去を封印して生きるということ- | 痛みの成因8)ストレス説を斬る!-ストレス≠痛み- | 痛みの成因9)ストレス説の皮相性を斬る!-脊柱管狭窄症と“気づき”の道程- | 痛み記憶の再生理論-セル・アセンブリのフェーズ・シーケンス- | 皮膚回旋誘導テクニック | 私の原点 | 脳疲労とは何か? | 脳膚相関-脳と皮膚の関係-を考える | 腓腹筋ラッピングシーネ | 腰痛-①腰痛治療の現状- | 腰痛-②痛みの科学的研究- | 腰痛-③整形外科の歴史と慢性痛- | 腰痛-④画像診断が意味するもの- | 腰痛-⑤腰痛の85%は原因不明- | 膝関節における前面窓式プライトン固定 | 自律神経測定による“治療効果の見える化”と代替報酬 | 触覚同期ミラーセラピー | 足底プライトンシーネ(ほねつぎの妻が骨折!) | 足関節捻挫における f-(ファンクショナル)プライトン固定 | 関節7つの精密機能-1)応力を分散させる免震機能(関節包内運動)- | 関節7つの精密機能-2)振動を吸収する制震機能(脳を守る骨格ダンパー)- | 関節7つの精密機能-3)衝撃をブロックする断震機能(関節内圧変動システム)- | 関節7つの精密機能-4)関節軟骨の神秘(“知的衝撃吸収”機能) | 関節7つの精密機能-5)関節軟骨の神秘(驚異の摩擦係数) | 関節7つの精密機能-6)潤滑オイルの自動交換システム(滑膜B型細胞の“受容分泌吸収”機能) | 関節7つの精密機能-7)関節受容器によるフィードフォワード制御 | 関節反射ショック理論 | 4スタンス理論と関節神経学の融合-4スタンス×8理論-