BFI 研究会代表ブログ

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プライトン固定セミナー

2016/09/28

10月30日プライトン固定セミナー(4thステージ)のご案内

4thpura5


≪トップページ≫

Pliton7
プライトン固定セミナー(4thステージ)のご案内

会場

⇒大宮ソニックシティ 7F 会議室706

アクセス:JR大宮駅西口から徒歩3分
〔住所〕 さいたま市大宮区桜木町1-7-5
〔TEL〕 048-647-4111
  駐車場:ソニックシティ地下駐車場…30分/200円
                   (利用時間 7:00~23:00)

日時
H28年 10月30日(日) 10:00~17:00

内容
「足部シーネ特集基本3型(スリーパターン)

足部~足趾に対するプライトン固定は採型手法の違いから3種類に分けることができます。①内側から挟み込むタイプ、②外側から挟み込むタイプ、③足底全体を覆うタイプです。今回のセミナーではそのそれぞれにおいて使用頻度が高いと思われる基本3型をご紹介します。

Pura434

①母趾MTP関節シーネ
母趾周辺の外傷や関節炎に用いる固定です。ここでクエスチョンです。下にあるAタイプとBタイプ。母趾周辺を固定するとき、どちらが正解だと思われますか?当会が掲げる
(ファンクショナル)‐プライトン固定(ニューロフィクス)に該当するのはどっち?

Boshikotei763
実際に自分の足で試すと、その違いがはっきりと判ります。歴然たる差を感じていただけるでしょう。当日はA B両方を作成し合って、“正解”を体感していただければと思います(プライマリケアにおける保存療法は基本的に医療者自身が被験者の側で体験、実感するプロセスを経て患者に提供されることが望ましい)。



②リスフラン関節シーネ 
リスフランのみならず、第5中足骨骨折の荷重期固定、同不全骨折の固定などにも使える汎用性の高いシーネです。この形状がもたらす歩行の安定性をご自身で体感してください。本当に“使える固定”です。

Ashipura672_3
Pura890_2

③足底シーネ(Planter Splint)

こちらのページ(元ほねつぎの妻が骨折!)で紹介している固定法です。「作成法の詳細について教えて欲しい」というメールを多くの方々からいただいており、今回のセミナーを開催するきっかけとなったシーネです。

Pura416
Purara799
当セミナーのグランドフィナーレを飾るに相応しいテーマでありますので、当日は全力解説させていただくと共に、参加者の皆さんにはプライトン作成の醍醐味を存分に味わっていただきたいと思います。

Purakonma658
Pura593
当日はプライトン作成に超便利なアイテム-ヒートガン-を使っての簡単接着テクニック(ガーゼ併用の裏技)をデモンストレーションします!参加者の皆様にもご試用いただきますので、当日はその使い勝手の良さをご確認いただければと思います。

ヒートガンはamazonや楽天で2,000~3,000円で購入できますので、当日の試用で気に入った方はご自身のプライトン作成グッズにお加えください。



      ⇒『私が固定装具に機能性と美しさを求める理由



4thpura1

4thpura4

4thpura5_2

4thpura2

4thpura6

4thpura7

4thpura8

Purara0


当日プログラム

午前の部
9:50  受付開始
10:00  実演指導ならびにプライトン作成演習
12:30  昼食休憩(会場内での飲食は不可です。周辺のカフェ等をご利用下さい)

午後の部
13:30 午前の部に引き続きプライトン作成演習
    パネルディスカッション(プライトン作成何でも相談会)
16:30 閉会撤収
17:00  散会

注1)プログラム内容は当日の進行具合によって変更される場合があります。
注2)当日会場内でのビデオ撮影等はご自由にどうぞ。

        
参加費
   非会員≪ 30,000
    会員≪ 20,000 ≫
    

当日会場にて申し受けます。

※初参加の方で入会を希望される方はこちらのページで入会手続きをお済ませください
尚、入会金は10,000となっております。したがって初参加の方は入会の有無に関らず合計30,000となります。

※参加費には材料費が含まれており、当日ご自分が作成したプライトン固定はお持ち帰りいただけます。

     
当日持参する物
  ・お一人様につき2枚程度のタオル(なるべく厚手のもの)をご持参ください。

  

定員
  
先着18名まで(申込期限…前日20時)
           
    
※定員に達し次第
Facebookページに告知します

⇒参加申込フォーム(会員の方)


◇プライマリケアに役立つ固定法(三上式プライトン固定)
1) 母指3次元固定法(母指球安定型プライトン)
2) フィンガートラクション-その意義について- 
3) 膝関節における前面窓式プライトン固定 
4) 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法(前腕部割り入れ併用式) 
5足底プライトンシーネ(元ほねつぎの妻が骨折!
6) 足関節捻挫におけるf(ファンクショナル)-プライトン固定
7) 腓腹筋ラッピングシーネ new

8) 体幹プライトンシーネ(元ほねつぎの母が脊椎圧迫骨折???) new

→三上式プライトン固定のセミナーのご案内(f-プライトン固定セミナーの開催日程)


トップページに戻る





≪三上クリニカルラボのホワイトボードのトップページに戻る≫



 ≪三上クリニカルラボ≫   ≪BFI研究会≫   






  

BFI 研究会

Facebookページも宣伝

2016/06/01

6月26日プライトン固定セミナー(3rdステージ)のご案内

≪トップページ≫

Pliton7
プライトン固定セミナー(3rdステージ)のご案内

会場

⇒大宮ソニックシティ 7F 会議室707

アクセス:JR大宮駅西口から徒歩3分
〔住所〕 さいたま市大宮区桜木町1-7-5
〔TEL〕 048-647-4111
  駐車場:ソニックシティ地下駐車場…30分/200円
                   (利用時間 7:00~23:00)

日時
H28年 6月26日(日) 10:00~17:00

内容
①ばね指のリング固定 ②肘関節の夜間装具 ③腓腹筋損傷に対するプライトン固定

①ばね指においてはPIPを屈曲させるとpainやsnappingを誘発しますが、PIP伸展位であればMPを屈曲させても症状は誘発されません。PIPが伸展位に保持されていれば、指を動かしてもA1ligへの負荷が小さくて済むからです。したがってテーピング等でPIPを伸展位に保持させる方法がありますが、皮膚のデリケートな患者には継続できない欠点があります。そこで今回は皮膚の問題を最大限考慮したプライトンによるリング固定を作成します。
Snapping見た目とは違い、実際の作成にはそれなりのコツが要りますが、患者にとっては装着しているのを忘れるくらい軽くフィットする優れものです。


②肘関節に発生したCRPS(RSD)においては「耐え難い夜間痛」を訴えるケースがあります。この現象は分かりやすく表現すると「“歯の食いしばり”が肘関節に起きた状態」と譬えることができます。歯の食いしばりにはマウスピースという手段があるわけですが
、肘関節には三上式プライトン固定があります。
Hijirsd2
Hijipura3

拘縮の病態について構造的な要因しか頭にない医療者は「動かさないと固まってしまうから無理してでも動かしなさい」と指示しますが、この症例は他医で同指示を守ることで悪化した典型例です。拘縮の真の原因は運動中枢の異常活動(例えば主動作筋と拮抗筋の同時収縮)であるというBFI の視点により夜間装具を作成したところ「嘘みたいにぐっすり眠れるようになった」そうで、数週間後には拘縮も回復しました。

「こんな症例に出遭うことは…」と考える先生もいらっしゃるかもしれませんが、複雑化した現代社会は脳疲労を抱える要因に満ちており、今後こうした症例に遭遇することが絶対にないとは言えません。いざという時のためにこうした技術を持っておいて損はないと思います。



③夜間にふくらはぎが釣って「イテテテー」と身もだえした経験をお持ちの方は少なくないと思われますが、以下に示すのはこの現象がほぼ毎晩のように2カ月以上も続いて、しかも両ふくらはぎに起きているという希少例です。
Hihuku1
ご覧のプライトン固定を夜間装具として作成したところ、装着した当夜から全く釣らなくなったとのこと。足が釣るという現象の多くは脳神経活動の偏り(局所の興奮)が原因だというのがBFI の視点。カウンセリングによって過重なストレッサーの存在が判明。脳が興奮している理由を本人に自覚していだたき、さらにストレスに対する対処法も助言。BFI &カウンセリング&プライトン夜間装具の3本の矢で見事治癒させることができた症例です。

この固定はもともと外傷における腓腹筋損傷(肉離れ)のために考案されたものですが、挫傷以外の様々な症例に使える有用性の高い固定です。テーピングは皮膚の問題と常に隣り合わせですが、患者自身による脱着が可能な装具固定は本当に喜ばれますし、何よりも回復が極めて早いという最大の利点があります。
本格的な夏を迎える前に、テーピングによる皮膚の問題を回避できる手段の一つとしておススメの固定法です。

          ⇒『私が固定装具に機能性と美しさを求める理由



当日プログラム

午前の部
9:50  受付開始
10:00  実演指導ならびにプライトン作成演習
12:30  昼食休憩(会場内での飲食は不可です。周辺のカフェ等をご利用下さい)

午後の部
13:30 午前の部に引き続きプライトン作成演習
    パネルディスカッション(プライトン作成何でも相談会)
16:30 閉会撤収
17:00  散会

注1)プログラム内容は当日の進行具合によって変更される場合があります。
注2)当日会場内でのビデオ撮影等はご自由にどうぞ。

            
667
671_2
1680
1681
1674
1685
676



参加費
   非会員≪ 30,000
    会員≪ 20,000 ≫
    

当日会場にて申し受けます。

※初参加の方で入会を希望される方はこちらのページで入会手続きをお済ませください
尚、入会金は10,000となっております。したがって初参加の方は入会の有無に関らず合計30,000となります。

※参加費には材料費が含まれており、当日ご自分が作成したプライトン固定はお持ち帰りいただけます。

     
当日持参する物
  ・お一人様につき2枚程度のタオル(なるべく厚手のもの)、下腿~足部の出るジャージをご持参ください。

  

定員
  
先着18名まで(申込期限…前日20時)
           
    
※定員に達し次第
Facebookページに告知します

⇒参加申込フォーム(会員の方)



◇プライマリケアに役立つ固定法(三上式プライトン固定)
1) 母指3次元固定法(母指球安定型プライトン)
2) フィンガートラクション-その意義について- 
3) 膝関節における前面窓式プライトン固定 
4) 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法(前腕部割り入れ併用式) 
5足底プライトンシーネ(元ほねつぎの妻が骨折!
6) 足関節捻挫におけるf(ファンクショナル)-プライトン固定
7) 腓腹筋ラッピングシーネ new

8) 体幹プライトンシーネ(元ほねつぎの母が脊椎圧迫骨折???) new

→三上式プライトン固定のセミナーのご案内(f-プライトン固定セミナーの開催日程)


トップページに戻る 





≪三上クリニカルラボのホワイトボードのトップページに戻る≫



 ≪三上クリニカルラボ≫   ≪BFI研究会≫   






  

BFI 研究会

Facebookページも宣伝

2016/04/05

私が固定装具に機能性と美しさを求める理由

    ≪下の画像は三上式プライトン固定≫Pulaaaaaa

≪トップページ≫

ある小学生の昼休みの会話。

「あれ?お前その手どうしたん?」
「うん、ちょっとね、この前転んじゃって…」
「えっ、外しちゃっていいの?」
「今ちょっと汗かいて、かゆいから」
「へえ~、ちょっと、それ見せてくれる」
「うん、いいよ」
Pula000   
「ずいぶん軽いね、それに…、なんかいいな。これ、かっこいいね」
「だろ?前に行ってた接骨院のときはゴツい感じだったけどさ、今度新しくできた○×接骨院に行ったら…。すっごい楽なんだよ、固定してるの忘れるくらい」
「いいなあ、俺も怪我したら、今度はその接骨院に行こお!っと」

これは以前、私のところに来た小学生から実際に聞いた話です。そのとき、「ああ、そうか、自分が作った固定装具は意外なところで、意外な宣伝効果をもたらすんだな」と、心底驚いたものです。

小中学生の中にはわんぱく系の目立ちたがり屋さんがいて、ギプス等の固定に対してコスプレとまではいかないにしても、学校公認の目立つアクセサリーを身に着けているような優越感を覚える子がいます。そういう子供は友達に自慢したくなる心性が…。もちろんそれとは反対に目立ちたくないという子供もいるでしょうけど。

また、先日ある女性の患者さんに腱鞘炎の夜間装具を作成したところ…。
Boshi000_2 
その数ヵ月後、その方の夫が同じような症状で来院されました。ご職業は歯科医とのことで、仕事柄、手の痛みは放置できないことは容易に察しがつきます。私としても、ふだんより問診に熱が入り…。

いろいろお話を伺う中で、「実は先生が作った妻の(装具)を拝見しまして…、すごいなあと感心しました。接骨の先生の中にもこういうのを作る人がいるんだなと。ああゆうのを見ると、作った人のレベルが分かります」と。どうやら、奥さんの固定装具を見て、こちらにかかる気になったということらしいのです。

以前、私が整形の副院長を務めていたとき、近くの接骨院からレントゲン検査の紹介患者がよく来られました。地域との連携が取れている整形だったこともあり、相当数の接骨院からの紹介患者を見る機会があり、同時に様々な種類の固定を見る僥倖に浴しました。特定の学閥に偏ることなく、多くの先生方の創意工夫に溢れた固定を見ることができましたので、今にして思えば、とても貴重な体験でした…。

接骨院からの紹介以外にも、他の医療機関で固定されている症例(転医等による)を見ることは多かったのですが、総じて接骨院よりも総合病院のような大きな医療機関で施された固定のほうが、私の目から見て稚拙なものが多かったという印象があります。大規模な医療機関の現場には、柔整のような保存療法のプロがいないので止むを得ないという事情はあるでしょうけれど。

それはさておき、接骨院が作った固定や装具は、前述したとおり意外なところで意外な人物が見ています。もちろん骨折症例においては患者が自ら外すような場面は想定されませんので、包帯の下に隠れている固定を家族や友人が見ることはないでしょうけれど、いつどんな形でそれが露見するか分かりません。

例えば、骨折治療中の患者が何らかの理由で突然転医したり、あるいはこれは実際にあった話ですが、とある接骨院でシーネ固定された患者が緊迫包帯により血流障害に陥り、手のしびれとむくみを訴えて別の接骨院に駆け込んだという事例も…。

このように接骨院が提供する固定装具は、いつどこでどのような形で人の目にさらされるか分かりません。患者の状況次第で、家族や友人、さらに不測の転医が生じれば、転医先の医師はもとより放射線技師や看護師など多くの医療従事者に“見られる”ことになります。

柔整師が作成する固定や装具というものは諸刃の剣であり、優れたものを作れば、それは格好の宣伝材料となり得ますが、一方で、拙劣なものを作れば、自院の看板に傷がつくだけでなく、ひいては業界そのものの評判に…。

柔整の多くがレベルの高い固定装具を作るようになれば、周囲の見る目、とくに整形外科医の見る目も変わってくるはずです。そうなれば「整形外科学と接骨医学の融合としての医療現場」、すなわち整形における「PT常勤のリハビリ点数化」と同様の「柔整常勤による“外傷管理”点数化」が実現する未来が待っているかもしれません。

医師が整形を標榜して開業する際、「保存療法のスペシャリストである柔整を常勤させると、外傷管理等における保険点数が加算される」というシステムが出来れば、スポーツ障害等のテーピングから軟部組織損傷や骨折・脱臼の処置に至まで、さらに疼痛管理からロコモ予防プログラムまで、保存療法のほとんどを柔整が担うことで、整形外科医の負担を相当に軽くすることができます。診察、処置の流れも極めてスムースになります。

既に飽和状態の柔整業界にあって、「接骨院の経営は得意でないけれども、技術は持っている」という柔整師の中には、開業せずに生涯勤め上げたいという方もおられます。そういう方々の能力を最大限に発揮できる環境にもなるわけです。

もし厚労省がこれを現実のものにすれば、万が一、柔整の保険業務の道が閉ざされる未来が待ち受けていたとしても、柔整学を後世に残すべく整形外科的保存療法の要として学術的地位を確保すると同時に、将来にわたっての存続が可能となります。

例えば、足関節の外傷。なかでも靭帯損傷に対する固定は、その損傷レベルやCRPS(RSD)体質等によって固定形態が自ずと変わってきます。たとえ軽度の捻挫であってもCRPS(RSD)体質の患者であれば、強い荷重時痛を訴えかねないため、その場合には非荷重の固定措置すなわち松葉杖での通院となり得ます。

その後、徐々に荷重歩行が可となれば、それに合わせて固定の形態を変えていったほうが速やかな回復に繋がります。最初から荷重歩行を前提にした固定であれば問題ありませんが、そうでない場合、回復レベルに合わせて“歩きやすい固定”に変えていく必要があるわけです。状態が良くなるにつれて患者の活動量も増えると同時に、患者が自ら取り外しできる固定にしてあげることで入浴への配慮も必要になってきます。

つまり外傷に対する固定は、初期において“固定”であっても、回復に合わせて徐々に“機能装具”へと変身させていく流れがあってしかるべきと考えます。そういう意味において、私が行っているプライトンシーネを使った『足関節トランスファンクション(機能遷移)固定』は非常に優れた固定法であると自負しております。受傷直後は非荷重を前提にしたU字固定を作成し、歩行状態の回復に合わせて不要部位をカットすることで形態を変えていくプライトン固定です

Ashipula0000_4
次回4月17日のプライトン固定セミナーにおいて、この装具を参加者全員で作成し合いますので、固定時の歩きやすさを実体験していただけます。

また拘縮の発生と患者の心理状態およびハイブリッドペイン(外傷由来の痛みと脳の誤作動による痛みの混成痛)には明らかな相関性が認められることから、私はニューロフィクス(neuro-fixed)という概念を提唱しています。脳の働きを最大限に考慮して固定法を考えることで、疼痛および腫脹や浮腫のコントロールひいては拘縮発生の予防に寄与する斬新な視点です。詳しくはこちらのページ

以上の理由から、私は日々「機能性と美を兼ね備えた固定」を追究しています。
.
.


◇プライマリケアに役立つ固定法(三上式プライトン固定)
1)
私が固定装具に機能性と美しさを求める理由
2) ニューロフィクス(neuro-fixed)という視点
3) 外傷の痛み(ハードペイン)を再考する
4) 母指3次元固定法(母指球安定型プライトン)
5) フィンガートラクション-その意義について- 
6) 膝関節における前面窓式プライトン固定 
7) 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法(前腕部割り入れ併用式) 
8) 足底プライトンシーネ(元ほねつぎの妻が骨折!
9) 足関節捻挫におけるf(ファンクショナル)-プライトン固定
10) 腓腹筋ラッピングシーネ

11) 体幹プライトンシーネ(元ほねつぎの母が脊椎圧迫骨折???) 

.
.

→三上式プライトン固定のセミナーのご案内(f-プライトン固定セミナーの開催日程)

トップページに戻る




≪三上クリニカルラボのホワイトボードのトップページに戻る≫



 ≪三上クリニカルラボ≫   ≪BFI研究会≫  

BFI 研究会

Facebookページも宣伝

プライトン固定セミナー(2ndステージ)のご案内

≪トップページ≫

Pliton7
プライトン固定セミナー(2ndステージ)のご案内

会場

⇒大宮ソニックシティ 7F 会議室707

アクセス:JR大宮駅西口から徒歩3分
〔住所〕 さいたま市大宮区桜木町1-7-5
〔TEL〕 048-647-4111
  駐車場:ソニックシティ地下駐車場…30分/200円
                   (利用時間 7:00~23:00)

日時
H28年 4月17日(日) 10:00~17:00

内容
手関節のプライトン固定および足関節トランスファンクション固定

保存療法の現場には様々な固定法や固定材があり、症例によって使い分けているという方も多いかと存じます。レナサームやキャストライトのようなギプス系の素材が比較的多く使われているなか、なぜ当セミナーがプライトンを推奨しているのか、その詳しい理由に迫りつつ、参加者全員による作成体験実習を行います。

プライトンならではの軟性質感に加え、皮膚接触部位にオルソラップを使用することで装着感の心地よさが格段にUPし、長時間の固定装着によるストレスを和らげると同時に、抜群の加工性能によって臨機応変に形状を変えることができます。カットのしやすさはもとよりその後の補強部位の強化(張り合わせ)、ドライヤー熱による皴や鋭角箇所の補正に至るまで、日々の臨床に欠かせない様々なテクニックを披露します。

また症例によっては、運動機能の回復に合わせて固定装具から機能装具へと役割を変えていく過程が必要になります。今回は
これを実現させる画期的な固定法を伝授いたします。BFI研究会の会員の方も、会員でない方も、ご興味のある方はふるってご参加下さい。

以下に掲載したものを当日、実際に作成していただきます。
Asp

Pula000_3
Wristpula000_3
          ⇒『私が固定装具に機能性と美しさを求める理由


当日プログラム
午前の部
9:50  受付開始
10:00  実演指導ならびにプライトン作成演習
12:30  昼食休憩(会場内での飲食は不可です。周辺のカフェ等をご利用下さい)

午後の部
13:30 午前の部に引き続きプライトン作成演習
    パネルディスカッション(プライトン作成何でも相談会)
16:30 閉会撤収
17:00  散会

注1)プライトン作成については手関節、足関節等を予定しておりますが、当日の進行具合によって変更される場合があります。
注2)当日会場内でのビデオ撮影等はご自由にどうぞ。

            下の写真は前回(1stステージ)の様子
Semina
…参加者の声…
◇なかさこ接骨院院長
「いろいろなセミナーに出ていますが、脳の視点で捉える固定法というのは他に聞いたことがないですね。三上先生の考え方は実際の臨床とすごく合致していて説得力があります。レナサームとプライトンの質感の違いも今回のセミナーでよく分かりました」

◇マナ接骨院院長
「セミナーの翌日さっそく膝の外傷(野球部の学生)が来て、作ったばかりのプライトン固定が役立ちました。ガーゼを使う裏技でプライトン特有のベタツキが解消されるのには驚きでした。今後予定されているステージ全部参加して、技術の引き出しを増やしたいです」

◇九坪鍼灸接骨院院長
「プライトンに特化したセミナーというのはありそうで、ないんですよね。学術系の勉強会いろいろ行っていますが、これだけ充実した講習会はそんなにないと思います。実際に作るのもいい勉強になりますが、自分自身が固定される側になったときも意外な発見が多かったです」

◇西方町はり灸柔道整復院 一期院長
「院内のスタッフ2人で参加しましたが、日々の診療の中での緊張感とは違って、失敗してもいいというリラックスした雰囲気で落ち着いて技術を確認できる場って本当に貴重だなと思いました。次回以降も参加しますのでよろしくお願いします」

◇くりのき鍼灸整骨院院長
「学校では絶対に教わらない形でしたが、目からうろこの理論に心底納得です。日々の臨床に即使える実践テクニック満載で、明日からの診療が楽しみになりました!」


参加費
   非会員≪ 30,000
    会員≪ 20,000 ≫
    

当日会場にて申し受けます。

※参加費には材料費が含まれており、当日ご自分が作成したプライトン固定はお持ち帰りいただけます。

     
当日持参する物
  ・お一人様につき2枚程度のタオル(なるべく厚手のもの)、下腿~足部の出るジャージをご持参ください。

  

定員
  
先着18名まで(申込期限…前日20時)
           
    
※定員に達し次第
Facebookページに告知します



⇒お申し込みはこちら(参加申込フォーム)



◇プライマリケアに役立つ固定法(三上式プライトン固定)
1) 母指3次元固定法(母指球安定型プライトン)
2) フィンガートラクション-その意義について- 
3) 膝関節における前面窓式プライトン固定 
4) 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法(前腕部割り入れ併用式) 
5足底プライトンシーネ(元ほねつぎの妻が骨折!
6) 足関節捻挫におけるf(ファンクショナル)-プライトン固定
7) 腓腹筋ラッピングシーネ new
8) 体幹プライトンシーネ(元ほねつぎの母が脊椎圧迫骨折???) new

→三上式プライトン固定のセミナーのご案内(f-プライトン固定セミナーの開催日程)


トップページに戻る


 ≪三上クリニカルラボ≫   ≪BFI研究会≫   






  

BFI 研究会

Facebookページも宣伝

2016/01/25

プライトン固定セミナー(1stステージ)のご案内

≪トップページ≫

Pliton7
当セミナーは終了しました。
次回2ndステージは4月17日の予定です
詳しくはこちらのページ(研修会のご案内)をご覧ください。


会場

⇒大宮ソニックシティ 9F 会議室903

アクセス:JR大宮駅西口から徒歩3分
〔住所〕 さいたま市大宮区桜木町1-7-5
〔TEL〕 048-647-4111
  駐車場:ソニックシティ地下駐車場…30分/200円
                   (利用時間 7:00~23:00)

日時
H28年 2月21日(日) 10:00~17:00

内容
BFI 研究会主催『第1期プライトン固定セミナー(1stステージ)』
運動器プライマリケアに役立つプライトン固定作成講習会

外傷、腱鞘炎、関節炎等に対するプライトンシーネの採型のコツや時短テクニック等裏ワザの実演指導に加え、参加者全員による作成演習会(体験実習型セミナー)を開催。

整形外科、接骨院から自費の治療院に至るまで、患者さんの多様なニーズに応えるためにも「簡単に作れるプライトン固定」はたいへん重宝します。夜間装具としても喜ばれます。


整形の医療従事者、接骨院や治療院の院長やスタッフ等、皆さんお誘い合わせのうえ是非ご参加ください。もちろんお一人で参加される方も大歓迎です!




プログラム
午前の部
9:50  受付開始
10:00  実演指導ならびにプライトン作成演習
12:30  昼食休憩(会場内での飲食は不可です。周辺のカフェ等をご利用下さい)

午後の部
13:30 午前の部に引き続きプライトン作成演習
    パネルディスカッション(プライトン作成何でも相談会)
16:30 閉会撤収
17:00  散会

注1)プライトン作成については母指、手首、膝関節等を予定しておりますが、当日の進行具合によって変更される場合があります。
注2)当日会場内でのビデオ撮影等はご自由にどうぞ。

Semina

参加費
   非会員≪ 30,000
    会員≪ 20,000 ≫
    

当日会場にて申し受けます。

※参加費には材料費が含まれており、当日ご自分が作成したプライトン固定はお持ち帰りいただけます。

※母指3次元固定(母指球安定型)プライトンの採型用シートを参加者全員に無償配布致します。一つ一つ手作りで作成し、以前のものに改良を加えた形状になっています。大中小を取り揃えておりますので、子供や女性からビッグハンドに至るまで、これさえあれば簡単に短時間に作成することができます!
Sheet_2     
当日持参する物
  ・お一人様につき2枚程度のタオル、膝の出るジャージをご持参ください。

  

定員…先着20名まで


 ⇒お申し込みはこちら(参加申込フォーム)



作成事例
  実際の症例(左母指MPJ捻挫…痛みと腫脹が顕著)

      Boshi1
     Boshi5
     Bshi2_2

上は母指球安定型プライトン固定3日後の写真。痛みも腫脹も極めて良好にコントロールされています(この患者さんは空手家であり、利き手の右母指球が発達しています)。





より大きな地図で ソニックシティホール・会議室・展示場利用案内 を表示



◇プライマリケアに役立つ固定法(三上式プライトン固定)
1) 母指3次元固定法(母指球安定型プライトン)
2) フィンガートラクション-その意義について- 
3) 膝関節における前面窓式プライトン固定 
4) 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法(前腕部割り入れ併用式) 
5足底プライトンシーネ(元ほねつぎの妻が骨折!
6) 足関節捻挫におけるf(ファンクショナル)-プライトン固定
7) 腓腹筋ラッピングシーネ new

8) 体幹プライトンシーネ(元ほねつぎの母が脊椎圧迫骨折???) new

→三上式プライトン固定のセミナーのご案内(f-プライトン固定セミナーの開催日程)


トップページに戻る


 ≪三上クリニカルラボ≫   ≪BFI研究会≫     

その他のカテゴリー

100年プロジェクト-「母、激痛再び」の衝撃に想ったこと- | 9/24一般講演会を終えて-参加者の声- | BFI テクニック序論-基本的な考え方および検査等- | BFI 技術研修会のプログラム詳細 | BFI 研究会のホワイトボード | BFI 研究会代表あいさつ-NHKスペシャルが開いた扉の先にあるもの- | BFIの技術-最新版- | CRPS(RSD)-1)痛み・しびれと神経の本当の関係- | CRPS(RSD)-3)そのとき鈴木さんに何がおきたのか?- | CRPS(RSD)-4)鈴木さんが回復した理由- | CRPS(RSD)-基礎知識- | CRPS(RSD)-2)痛み信号の通り道と自律神経(ANS)- | CRPS(RSD)-プロローグ- | EBM(根拠に基づく医療)とは何か? | H29年7月のアップデートおよび比較試験の結果報告 | VASによる治療効果の判定シート | “治療的診断”に潜む論理的錯誤(ロジックエラー) | ①BFI 入門編-脳にアプローチする治療家にとって絶対的不可欠の心構え- | ぎっくり腰の真実-脳の自衛措置- | デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)と自律神経の関係を考察する-BFIとシャムの比較試験より- | ニューロフィクス(neuro-fixed)という視点 | フィンガートラクション-その意義について- | プライトン固定セミナー | 体幹プライトンシーネ(元ほねつぎの母が脊椎圧迫骨折???) | 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法 | 古今東西あらゆる痛み治療は最終的に“同じ場所”にアプローチしているという見方 | 外傷の痛み(ハードペイン)を再考する | 小脳へのアクセス-なぜ“関節”なのか?- | 役割分担-臨床研究と基礎研究とランダム化比較試験(RCT)- | 椎間板のパラダイムシフト(前編) | 椎間板のパラダイムシフト(後編) | 椎間板ヘルニア-①画像診断の矛盾- | 椎間板ヘルニア-②ヘルニアは脊椎を守る防御反応 | 椎間板ヘルニア-③末梢神経の圧迫≠痛み- | 椎間板ヘルニア-④神経の変性≠痛み(その1)- | 椎間板ヘルニア-⑤神経の変性≠痛み(その2)- | 椎間板ヘルニア-⑥神経の変性≠痛み(その3)- | 椎間板ヘルニア-⑦神経の変性≠痛み(その4)- | 椎間板ヘルニア-⑧神経の変性≠痛み(その5)- | 椎間板ヘルニア-⑨髄核の脱出≠圧迫 | 椎間板ヘルニア-⑩物理的な圧迫≠炎症の発生- | 椎間板ヘルニア-⑪椎間板の変性≠痛み(その1)- | 椎間板ヘルニアの真実-医学史に残る巨大な錯誤- | 母指3次元固定法(母指球安定型プライトン) | 無意識下情報処理が痛みや関節拘縮を改善させり理由-DMNとミラー療法- | 無意識下情報処理が痛みや関節拘縮を改善させる理由①-脳内補完とソフトペイン- | 疼痛概念のパラダイムシフト(前編)-AKA-博田法➡関節拘縮➡ANT➡シャム➡脳- | 疼痛概念のパラダイムシフト(後編)-セルアセンブリ➡脳内補完➡ソフトペイン- | 痛みと交絡因子とBFI-科学の視点- | 痛みの原因論の二極化(肉体?or 脳?)について一番分かりやすい説明-ソフト論、ハード論とは何か?- | 痛みの成因1)脳と心身環境因子 | 痛みの成因2)脳と内的要因 | 痛みの成因3)症状は生体の弱点に | 痛みの成因4)環境病という視点 | 痛みの成因5)五感力と食生活 | 痛みの成因6)カウンセリングの意義 | 痛みの成因7)ストレス説を斬る!-過去を封印して生きるということ- | 痛みの成因8)ストレス説を斬る!-ストレス≠痛み- | 痛みの成因9)ストレス説の皮相性を斬る!-脊柱管狭窄症と“気づき”の道程- | 痛み記憶の再生理論-セル・アセンブリのフェーズ・シーケンス- | 皮膚回旋誘導テクニック | 私の原点 | 脳疲労とは何か? | 脳膚相関-脳と皮膚の関係-を考える | 腓腹筋ラッピングシーネ | 腰痛-①腰痛治療の現状- | 腰痛-②痛みの科学的研究- | 腰痛-③整形外科の歴史と慢性痛- | 腰痛-④画像診断が意味するもの- | 腰痛-⑤腰痛の85%は原因不明- | 膝関節における前面窓式プライトン固定 | 自律神経測定による“治療効果の見える化”と代替報酬 | 触覚同期ミラーセラピー | 足底プライトンシーネ(ほねつぎの妻が骨折!) | 足関節捻挫における f-(ファンクショナル)プライトン固定 | 関節7つの精密機能-1)応力を分散させる免震機能(関節包内運動)- | 関節7つの精密機能-2)振動を吸収する制震機能(脳を守る骨格ダンパー)- | 関節7つの精密機能-3)衝撃をブロックする断震機能(関節内圧変動システム)- | 関節7つの精密機能-4)関節軟骨の神秘(“知的衝撃吸収”機能) | 関節7つの精密機能-5)関節軟骨の神秘(驚異の摩擦係数) | 関節7つの精密機能-6)潤滑オイルの自動交換システム(滑膜B型細胞の“受容分泌吸収”機能) | 関節7つの精密機能-7)関節受容器によるフィードフォワード制御 | 関節反射ショック理論 | 4スタンス理論と関節神経学の融合-4スタンス×8理論-