BFI 研究会代表ブログ

フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

痛みの原因論の二極化(肉体?or 脳?)について一番分かりやすい説明-ソフト論、ハード論とは何か?-

2017/07/29

痛みの原因論の二極化(肉体?or 脳?)について一番分かりやすい説明-ソフト論、ハード論とは何か?-

《トップページ》
昨春、私用のパソコンから突然「ジー、ガゴゴゴ-」といった耳障りな音が…。なんじゃ?この音!それまで聞いたことのない異様な音でしたので、おそらくハードウェア(機械部品)の問題だろうと思い、ネットで探し当てたハード専門の修理屋さんにパソコンを送ったところ、冷却ファンの故障であることが判明。

で、そのハード屋さんに冷却ファンを交換してもらって無事解決。

ただ、その際「パソコン内のHDD(ハードディスク)の使用時間が23,000時間を超えていて、いつ寿命が来てもおかしくない状態なんで、新品に交換したほうがいいですよ」という助言をいただきました。

パソコン素人の私は恥ずかしながらこのときはじめて「HDDに寿命がある」ことを知ったのですが、仕事に忙殺されて手を打たずにそのまま…。そうこうしているうちに、たびたび画面に現れる「Windows10への無償アップグレード」の誘い文句に乗ってクリックしたところ、めでたく私のパソコンOSは“7”から“10”に生まれ変わりました。

ところがその数週間後、突然それはやってきたのです。まさかまさかの暗黒画面…、フリーズ! (;一_一)  「ウォー!マジか!」

何をやってもまったく反応しなくなったパソコンを前にして、「HDDの寿命がついに来ちまったか?!」と愕然となり…、「あっ、そういえば最近バックアップやってねえ!ヤバイ!ううう、うそだろ!頼む!動いてくれえええ!」と叫んでみたところで後の祭り…、過ぎたるは及ばざるがごとし。

くだんのハード屋さんにメールで状況を伝えたところ、そもそも私のパソコンはWindows7用のマシンとして作られており、メーカー側もWindows10に変更した場合の動作保証はしていないとのこと。フリーズの原因はOSアップグレードによるソフトの問題、あるいは前回指摘したHDDの寿命、あるいはその両方が合併している可能性、その3つが考えられるとの返事。

で、そのハード屋さんにパソコンを再び送って調べてもらったところ、HDDは無傷であり、つまり寿命を迎えていないことが分かり、フリーズの原因はやはりソフトの問題(Windows10へのアップグレード)にあることが判明。

最終的にOSを元のWindows7に戻すことで一件落着となりました(ファイルもほぼ復元することができました)。


今回の一連の出来事は痛みの新分類(ソフトペイン、ハードペイン、ハイブリッドペイン)を理解するうえで、非常に分かりやすいと思います。

最初に発生した“異音”はハードの故障を知らせるサインであり、人間で言えばハードペイン。そのあとに起こった画面のフリーズはソフトの問題に因るもので、人間であればソフトペイン。仮にハードとソフトの両方が合併していたならば、人間ではハイブリッドペインということになります。

人間の痛みもハードの問題で起きているのなら、1回目のように部品を修理あるいは交換すれば-手術すれば-解決します。

他方それがソフトの問題から来ているのであれば、2回目のようにソフトの修復(システムの回復)-脳の情報処理システムの回復-を図ることで解決します。


BFI研究会の臨床データにおいて、運動器プライマリケアにおいて最も多い痛みはソフトペインであるという可能性が示されています。

同時に慢性疼痛に対して行われるあらゆる介入(世界中に現存する数多の治療行為)は脳にアクセスするための入口、手段の違いに過ぎず、それぞれがターゲットに据える感覚受容器を介して脳のシステムに介入した結果がソフトペインの改善に繋がっており、“慢性ハードペイン”というものは僅少に過ぎないという視点が…。

さらに“慢性ハードペインありき”で確立された形態学上の診断と痛みの原因診断は明確に区別すべきではないかという視点も浮上しています。

パソコン業界におけるエンジニアは大きく2つに分かれます。ハードウェア・エンジニアとソフトウェア・エンジニアで、それぞれハード屋、ソフト屋と呼ばれたりします。

前者は文字通りハードウェア(電子回路やメカ外装)の設計、組み立て、修理などを行う専門家であり、後者はコンピュータ言語でプログラミングする-ソフトを作成する-専門家です。

私は前述したとおりパソコン門外漢ですので業界事情に精通しているわけではありませんが、ハード屋とソフト屋はそれぞれの役割が明確に分かれており、パソコンに発生した症状に則して適切な対応が取られていると思われます。

例えばHDDに問題が発生した場合、その原因が物理障害(機械的な故障)なのか、それとも論理障害(ソフトのエラー)なのかを見極めた上で、それぞれの専門家が対処しており、ハード屋が論理障害の対策に取り組んだり、ソフト屋が物理障害の修理を専業にするというミスマッチは起こり得ないはず…。

私のパソコン1回目の異常(冷却ファンの劣化)はハード屋さんに直していただいたわけですが、2回目の異常(フリーズ)はソフトの問題それも「論理障害の軽症例」でしたので、メーカーの窓口に問い合わせながら自らOSを初期化することで解決。


ところが、これを医療に置き換えて考えた際、そこには大いなるミスマッチが…。

外科系の医師や柔整師はハード屋であり、一部の診療内科医やニューロリハを行う医療者はソフト屋だと言えますが、今の医療界にある問題として実際はソフトの異常に過ぎない案件をハード屋が診ているという点が挙げられます。

ハードペインに対してハード屋が診るのは当然の流れですが、ソフトペインに対してもハード屋が診るというミスマッチ、それも「多くの痛み=ハードペイン」という強固なバイアスを抱えた医療者による“画像依存型ごみ箱診断”が長きにわたって続いています。

パソコンに譬えれば、ソフトの異常で起きているフリーズに対して、HDDを交換したり、冷却ファンを交換したりするようなことが、医療界では当たり前のごとく続いているということです。

ハード屋の論理は線形科学ですから常に「A→B」ならば「B→A」という1対1の整合性が担保されますが、ソフト屋ではそれが担保されません。なぜ担保されないのか?その理由について前述した私のパソコン事例から説明させていただきます。

ハード論の場合、“非線形科学”すなわち複雑系におけるカオスを考える必要はまったくありませんので、理屈の筋道は単純明快です。「正常な冷却ファン➡劣化」ならば「劣化➡正常な冷却ファン」ですから、とても分かりやすい。

その一方でソフトの場合はどうでしょう?おそらくパソコンをあまり使わない方は「Windows7➡Windows10」ならば「Windows10➡Windows7」だったのだから、これも線形科学ではないかと思われるかもしれません。しかしこの場合の方法論として「Windows7➡Windows10」ならば「Windows10➡Windows」ということが有り得てしまうのです。

どういうことかと言うと、私のマシンとWindows10との相性は確かに悪かったのでしょうけれど、もしかするとWindows8とは相性が良かったかもしれない。その場合、もし元通りの“7”ではなく、“8”に変えたとしても私のパソコンは復旧できた可能性があるのです。あるいは“8.1”でも可能だったかもしれません。

そもそもマシンとの互換性として、メーカーが言っているのは「Windows10に変えたら100%動かなくなりますよ」と言っているわけではなく、「動かなくなる恐れがありますよ」と言っているだけで、現にWindows10にアップグレードした同機種の全てにフリーズが起きているわけではありません。

個別のマシンとの何らかの互換性(おそらくHDDの空き容量やソフトの中身など)において色々な要素が複雑に絡み合うことで、結果的にフリーズするマシンとしないマシンに分かれてくるということです。

こうなってくると、どうでしょう?1対1の方法論という理屈は当てはまらなくなります。これこそがシステムとしてのソフトウェアのむつかしさなのです。

パソコンというものはハードの領域に関しては線形科学ですが、ソフトの領域は実は非線形科学すなわち複雑系と言っても過言ではないと、私は思っています。

事実人間の脳を模したニューラルネットワークによるディープラーニングがソフトの究極とも言える存在-人工知能(AI)-を作り上げています。ちなみにAIが備える予測能力(予知能力と言ってもいい)は米国で現実のものとなっており、もはや人間には「AIがいかにしてそれを予測したのか分からないレベル」になっているそうです。未来のAIは人間の脳を超えるとまで言われています(2045年問題)。

人工知能はさておき、同じソフトでも一番身近な存在がアプリです。スマホ世代の方には“ソフト”ではなく“アプリ”と表現したほうが分かりやすいかもしれません。アプリとはアプリケーションソフトの略称で、要はソフトウェアの一種です。広義ではソフトもアプリもいっしょだと考えていただいてけっこうです。

文章を書くソフト(Word)や表計算のソフト(Excel)、ゲームソフトや映像編集ソフト、スマホで使う多種多様なアプリ、こうしたソフトは様々なコンピュータ言語で作られる超複雑なプログラムであるが故、たいていは何らかのバグを抱えています。ソフト同士の相性やOSとの相性といった次元も含め、ソフト自体に潜在しているバグは放置できない問題です。

そのためソフトを提供する側はそのバクを取り除いたり、機能を向上させたるための修正プログラムをユーザーに提供します。

こうした機能向上やバグ修正のプログラムを端末にインストールすること(ソフトの一部を書き換える更新作業)がまさしくアップデートと呼ばれているものですが、実は人間の脳においても同様のことが行われています。

脳内には無数のアプリが入っていて、たとえば視覚アプリ、聴覚アプリ、味覚アプリ、触覚アプリ、運動アプリ、血圧調整アプリ、体温調節アプリ等々、数え上げたら切りがありません。

これらのアプリには多かれ少なかれバグがあり、実は脳は五感の刺激を介して自らアップデートする営為を日々続けています。脳疲労の解消においても、認知症の予防や治療においても五感の刺激が大事だと言われる所以です。

当会がソフトペインを改善させるべく脳にアクセスするための技術BFIは、五感の中でもとくに触覚を重視しています。皮膚刺激を介して脳内の痛み回路(これもバグのひとつです)を別の形に書き換えるすなわち「痛みを出力させるプログラムを書き換えること」を目的としています。

したがってBFIという技術はソフト屋が使うものであって、ハード屋が使う技術ではありません。

とは言え、当会の前身(関節運動学研究会)はコメディカル系ハード屋(柔整師)の集まりでした。

発足当初はAKA⁻博田法とANTの技術習得を目指して、AKA理論の学習はもとより、開発者の博田先生の身体感覚を忠実に再現すべく古武術などの身体操作も積極的に採り入れ、高度な体幹制御と手指脱力をいかにして為し得るかを追求していました。

その結果、博田先生は100年に1人と思しき天才的な身体感覚の持ち主であり、博田先生の技術を100%完璧に再現できる医療者はいない(あえて断言します)と同時に、博田先生の特殊身体性能が奏でるハーモニーすなわち超絶手技が脳へ及ぼす効果-当会が掲げる“無意識下情報処理”を促す効果-が異次元なほどに高いという結論に達したのです。

そして痛みの本質を探究することよりも「技術を究めることが優先される精神状態に陥りやすい」という弊害が、AKAをはじめとする徒手医学の世界に潜んでいることに気づかされました。

そうして紆余曲折を経て後、情報の入出力を統括する中枢システムすなわち“脳内アプリ”を学ぶことの重要性に帰結したのです。人間の感情を制御するソフト(感情アプリ)には大なり小なりバグがつきものであり、個人差はもとより感情が生理現象に与える影響は計り知れないものがあります。

ところが整形外科医であれ柔整師であれ、成書から学ぶ内容はハード論だけであり、ソフト論を学ぶ仕組みのない医学体制にも気づかされました。

そうした意味においても「ソフト論を知るハード屋」あるいは「ハイブリッド屋」の育成が重要ではないかと考えます。

当会会員の多くはハードの治療を実践しつつ、成書に記載されていないソフトペインの実態について臨床研究を進めています。つまり中心メンバーの多くがハイブリッド屋なのです。

おそらく現時点において、ソフトとハードの両面からアプローチすることのできる数少ない研究会の一つだと思われます。ソフトの知識しか持たないというわけではなく、両方の知識と経験を有して痛みの本質を捉えているのです。

ハードペインの最たるものは骨折や脱臼などの新鮮外傷によるものですが、当会には整形での勤務経験を持つ者が多く、リアルタイムの画像所見と共にハード修復に携わってきたキャリアがあります。そのうえでソフト屋としての能力を獲得していったという来歴があり、ソフトとハード両面にわたる深い造詣があります。

大事なことは「技術ありきで介入すること」ではなく、「自らの介入が最適な仕組み(システム)となっているかどうかを省察し続けること」です。刺激の性質や刺激をインプットする場所(インターフェース)といった次元に関わる仕組みへの考察を続けていくことが大切なのです。これがソフト屋の本質だと言えます。


今後も脳科学、認知神経科学等の発展はとどまることを知らず、次々に新しいことが分かってくるでしょう。そのとき痛みの臨床に携わるハード論者にはどんな選択肢が?痛みのソフト論を無視することなど現実的に不可能な未来において、どんなスタンスを模索するのか?

もしあなたがソフト屋あるいはハイブリッド屋に転身することを厭わないのであれば、当会の発信する情報は決して有害無益ではないと思います…。





≪トップページに戻る≫


≪三上クリニカルラボ≫ ≪BFI研究会公式サイト≫ 

  

その他のカテゴリー

100年プロジェクト-「母、激痛再び」の衝撃に想ったこと- | 9/24一般講演会を終えて-参加者の声- | BFI テクニック序論-基本的な考え方および検査等- | BFI 技術研修会のプログラム詳細 | BFI 研究会のホワイトボード | BFI 研究会代表あいさつ-NHKスペシャルが開いた扉の先にあるもの- | BFIの技術-最新版- | CRPS(RSD)-1)痛み・しびれと神経の本当の関係- | CRPS(RSD)-3)そのとき鈴木さんに何がおきたのか?- | CRPS(RSD)-4)鈴木さんが回復した理由- | CRPS(RSD)-基礎知識- | CRPS(RSD)-2)痛み信号の通り道と自律神経(ANS)- | CRPS(RSD)-プロローグ- | EBM(根拠に基づく医療)とは何か? | H29年7月のアップデートおよび比較試験の結果報告 | VASによる治療効果の判定シート | “治療的診断”に潜む論理的錯誤(ロジックエラー) | ①BFI 入門編-脳にアプローチする治療家にとって絶対的不可欠の心構え- | ぎっくり腰の真実-脳の自衛措置- | デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)と自律神経の関係を考察する-BFIとシャムの比較試験より- | ニューロフィクス(neuro-fixed)という視点 | フィンガートラクション-その意義について- | プライトン固定セミナー | 体幹プライトンシーネ(元ほねつぎの母が脊椎圧迫骨折???) | 前腕骨骨折における上肢ギプス二重法 | 古今東西あらゆる痛み治療は最終的に“同じ場所”にアプローチしているという見方 | 外傷の痛み(ハードペイン)を再考する | 小脳へのアクセス-なぜ“関節”なのか?- | 役割分担-臨床研究と基礎研究とランダム化比較試験(RCT)- | 椎間板のパラダイムシフト(前編) | 椎間板のパラダイムシフト(後編) | 椎間板ヘルニア-①画像診断の矛盾- | 椎間板ヘルニア-②ヘルニアは脊椎を守る防御反応 | 椎間板ヘルニア-③末梢神経の圧迫≠痛み- | 椎間板ヘルニア-④神経の変性≠痛み(その1)- | 椎間板ヘルニア-⑤神経の変性≠痛み(その2)- | 椎間板ヘルニア-⑥神経の変性≠痛み(その3)- | 椎間板ヘルニア-⑦神経の変性≠痛み(その4)- | 椎間板ヘルニア-⑧神経の変性≠痛み(その5)- | 椎間板ヘルニア-⑨髄核の脱出≠圧迫 | 椎間板ヘルニア-⑩物理的な圧迫≠炎症の発生- | 椎間板ヘルニア-⑪椎間板の変性≠痛み(その1)- | 椎間板ヘルニアの真実-医学史に残る巨大な錯誤- | 母指3次元固定法(母指球安定型プライトン) | 無意識下情報処理が痛みや関節拘縮を改善させり理由-DMNとミラー療法- | 無意識下情報処理が痛みや関節拘縮を改善させる理由①-脳内補完とソフトペイン- | 疼痛概念のパラダイムシフト(前編)-AKA-博田法➡関節拘縮➡ANT➡シャム➡脳- | 疼痛概念のパラダイムシフト(後編)-セルアセンブリ➡脳内補完➡ソフトペイン- | 痛みと交絡因子とBFI-科学の視点- | 痛みの原因論の二極化(肉体?or 脳?)について一番分かりやすい説明-ソフト論、ハード論とは何か?- | 痛みの成因1)脳と心身環境因子 | 痛みの成因2)脳と内的要因 | 痛みの成因3)症状は生体の弱点に | 痛みの成因4)環境病という視点 | 痛みの成因5)五感力と食生活 | 痛みの成因6)カウンセリングの意義 | 痛みの成因7)ストレス説を斬る!-過去を封印して生きるということ- | 痛みの成因8)ストレス説を斬る!-ストレス≠痛み- | 痛みの成因9)ストレス説の皮相性を斬る!-脊柱管狭窄症と“気づき”の道程- | 痛み記憶の再生理論-セル・アセンブリのフェーズ・シーケンス- | 皮膚回旋誘導テクニック | 私の原点 | 脳疲労とは何か? | 脳膚相関-脳と皮膚の関係-を考える | 腓腹筋ラッピングシーネ | 腰痛-①腰痛治療の現状- | 腰痛-②痛みの科学的研究- | 腰痛-③整形外科の歴史と慢性痛- | 腰痛-④画像診断が意味するもの- | 腰痛-⑤腰痛の85%は原因不明- | 膝関節における前面窓式プライトン固定 | 自律神経測定による“治療効果の見える化”と代替報酬 | 触覚同期ミラーセラピー | 足底プライトンシーネ(ほねつぎの妻が骨折!) | 足関節捻挫における f-(ファンクショナル)プライトン固定 | 関節7つの精密機能-1)応力を分散させる免震機能(関節包内運動)- | 関節7つの精密機能-2)振動を吸収する制震機能(脳を守る骨格ダンパー)- | 関節7つの精密機能-3)衝撃をブロックする断震機能(関節内圧変動システム)- | 関節7つの精密機能-4)関節軟骨の神秘(“知的衝撃吸収”機能) | 関節7つの精密機能-5)関節軟骨の神秘(驚異の摩擦係数) | 関節7つの精密機能-6)潤滑オイルの自動交換システム(滑膜B型細胞の“受容分泌吸収”機能) | 関節7つの精密機能-7)関節受容器によるフィードフォワード制御 | 関節反射ショック理論 | 4スタンス理論と関節神経学の融合-4スタンス×8理論-